新しいチーズ〜マキシマリストへの道〜

新しいチーズは皆さんと一緒につくる集いの場所です! そのチーズは、まだまっきっきです(きれいですよ。ちゃんと磨いています。)。皆で面白いこと、為になること、感動すること、そしてわたしの貯金通帳が潤いそうなこといっぱいいっぱい、そのチーズに入れていきましょう!

新しいチーズは皆さんと一緒につくる集いの場所です! そのチーズは、まだまっきっきです(きれいですよ。ちゃんと磨いています。)。皆で面白いこと、為になること、感動すること、そしてわたしの貯金通帳が潤いそうなこといっぱいいっぱい、そのチーズに入れていきましょう!

ピカソ フランス国立図書館版画コレクション 京都 美術館「えき」

京都駅でやってたこの展覧会に行ってきた。

 

ちょうどギャラリートークの時間だったのでそれも聴いた。
f:id:sirobutaihei:20180907163834j:image

 

ピカソの版画というのはなんしかガチらしい。

 

絵画の片手間にちびっと版画も、というわけではなく、ピカソは70年近くやり続けた。もはや版画家というのもピカソの一つの側面なのだ。(もちろんピカソはその他の分野においてもその才能を発揮している。)

 

版画では枚数を重ねるたび、絵はまったく違うものになっていく。それが味わい深い。

 

最初の版ではハンサムなボーイがもじゃもじゃになっていったり、キュビズム表現が強くなっていったり。

 

また、ピカソは版画において、モチーフとして自分の身近な人物を使ったり、その前の時代の絵画を模したものを多く作った。

 

身近な人物をモチーフにしたものでは、その人物の外面だけでなく、その内面をも表現しているのだ。

 

絵画を元にしたものでは、絵画の良さをピカソの表現で上手く置き換え、元の絵画のモチーフは受け継ぎつつ、新しい世界観があるのだ。

 

ぜひこの機会に一見してみてほしい。

 

ギャラリートークではそんな感じの事をわかりやすく言ってくれて面白かったなぁ。