新しいチーズ〜マキシマリストへの道〜

新しいチーズは皆さんと一緒につくる集いの場所です! そのチーズは、まだまっきっきです(きれいですよ。ちゃんと磨いています。)。皆で面白いこと、為になること、感動すること、そしてわたしの貯金通帳が潤いそうなこといっぱいいっぱい、そのチーズに入れていきましょう!

新しいチーズは皆さんと一緒につくる集いの場所です! そのチーズは、まだまっきっきです(きれいですよ。ちゃんと磨いています。)。皆で面白いこと、為になること、感動すること、そしてわたしの貯金通帳が潤いそうなこといっぱいいっぱい、そのチーズに入れていきましょう!

激闘!伊豆大島 その2

その1はこちらhttps://atarashiicheese.hatenablog.com/entry/2018/09/03/175950

 

快活クラブで素晴らしい夜を過ごし、二日目へ。

 

朝食を食べ、料金を払うと今度はJR三島駅の方へ向かった。

 

しかし、ぺちゃくちゃ喋りながら移動していると方向を間違えてしまい、結局沼津駅へ戻ることに。

 

沼津と、三島では熱海まで50円くらい電車賃が違うのだ。(この日は青春十八きっぷは使用していない)

 

沼津から熱海へ。この電車は軽かった。これまでの移動時間を考えるとだけどね。

 

熱海の前の駅から熱海までは長いトンネルがある。これがなんとも自分らを焦らしてくる。

 

熱海の海を見たいのになかなか見れないこの感じはぜひ、みなさんにも確かめてほしい。

 


f:id:sirobutaihei:20180905055734j:image

そんでまあ、熱海。


f:id:sirobutaihei:20180905055802j:image


f:id:sirobutaihei:20180905055817j:image


f:id:sirobutaihei:20180905055847j:image


f:id:sirobutaihei:20180905055914j:image

なかなか観光地してるじゃない。

 

でも、熱海には結構、ピンクなお店もあったね。そういう歴史もあるのかな。

 

途中、「くろんぼ」という黒人の方が看板に描かれたお店を見たが、あれは大丈夫なのだろうか?

 

黒人の方が営業してるから大丈夫なのかな?

 

熱海には秘宝館というのもあるらしい。いろいろと珍しいものを置いているらしいが…。自分たちは行ってない。入場料たかす。

 


f:id:sirobutaihei:20180905060251j:image

 

f:id:sirobutaihei:20180905060228j:image


f:id:sirobutaihei:20180905060306j:image

乗船でごわす。ByeByeアタミ。

 


f:id:sirobutaihei:20180905060624j:image

&Helloオオシマ。

 


f:id:sirobutaihei:20180905061033j:image


f:id:sirobutaihei:20180905061045j:image

バクダンだ!!!


f:id:sirobutaihei:20180905061105j:image


f:id:sirobutaihei:20180905061116j:image

これはなんなのかしら?海藻?


f:id:sirobutaihei:20180905061202j:image

とりあえずの感想は、まぁなにもない、ということだ。これまで行ったどことも違う。離島の風景は面白い。

 

コンビニもないし、イオンもない。まぁ、ないのだ、自分たちが信じられる店が。

 

荷物を置くと、N氏の要望と、その暑さによりとりあえず海に入る。

 

砂浜からちょっと泳いでみるが、なんだか悲しくなってきてすぐやめた。何故悲しくなるのかな。子供の頃には感じなかった海それ自体が持つ悲哀感に共鳴するのかしら。

 

そのへんをルッキングをしてみた。でっけぇナガサキアゲハとやらを見つけるも、逃がす。この度で3度ほど逃し、結局捕まらなかったやつだ。

 

宿周りにクワガタのくる木を探してみるがあまり見つからない。

 

大島のクワガタはオオバヤシャブシという木に来るらしい。

 

諦めてもう帰ってしまった。後日に期待だ。

 


f:id:sirobutaihei:20180905062037j:image

泊まったとこ。八人一部屋のドミトリールームを借りた。知らない人のいる部屋で寝るということだ。

 

時間的にも、そろそろ飯に行くことに。

 


f:id:sirobutaihei:20180905061924j:image

 

この宿でもらった本を頼りに元町の方まで行ってみることに。


f:id:sirobutaihei:20180905062357j:image

六キロもあったとは…。しかし、他に店の頼りがなく、しぶしぶ元町へ。

 

自分らは運転免許がないので、歩きだ。

 

そうだ、歩きだ。


ルッキングも兼ねて歩くこと2時間。元町につく。

 

まずはじめに1つ目のうまそうな店、おふくろさんに向かう。

 

 

 

開いてない。

 

のれんがない。恐る恐る開けてみるとそこはもぬけの殻だった…。

 

本を確認してみる。
f:id:sirobutaihei:20180905063152j:image

新しい本ではあるようだ…。

 

つづいて次はどんどん亭へ行ってみることに。

 

 

 

開いてない…。

 

中を窓から恐る恐る覗いてみるとカーテンに虫がやたらとついてる。

 

しょうがないので、本には書いていなかったが、行きしにみたどさん娘というラーメン屋を覗いてみることに。

 

こっちは行きしに開いてる感じだったから行けるはず。

 

 

準備中になってた…。

 

 

しかもこの時、6時前であった。なんだかいろいろ恐ろしい心地になる。

 

結局、七時までぎりぎり開いてる元町のスーパーで値切り品を買い、晩飯にした…。

 

このへんでわたしのなかの何かが音を立てて崩れる。

 

 

 

 

ヒッチハイクをすることに。

 

なんと、五台目くらいで捕まった。大島サイコウかよ。

 

とても優しい親子連れに感謝感激雨あられです。

 

そして夜だ。

 

その辺のライトを見て回る。

 

が、いない。大島には無限にいるみたいに聞いてたあのクワガタが全然いない。

 

月齢が悪いのと、時期的なものもあるだろうが、それでもいない。

 

 

後日、山の方まで行くという計画をたてることになるのだった…。

 

その3へ

https://atarashiicheese.hatenablog.com/entry/2018/09/08/230139