新しいチーズ〜マキシマリストへの道〜

新しいチーズは皆さんと一緒につくる集いの場所です! そのチーズは、まだまっきっきです(きれいですよ。ちゃんと磨いています。)。皆で面白いこと、為になること、感動すること、そしてわたしの貯金通帳が潤いそうなこといっぱいいっぱい、そのチーズに入れていきましょう!

新しいチーズは皆さんと一緒につくる集いの場所です! そのチーズは、まだまっきっきです(きれいですよ。ちゃんと磨いています。)。皆で面白いこと、為になること、感動すること、そしてわたしの貯金通帳が潤いそうなこといっぱいいっぱい、そのチーズに入れていきましょう!

「おもひでぽろぽろ」感想


f:id:sirobutaihei:20180813201412j:image

高畑勲氏が亡くなってから結構たつ。

 

なにか見ようと思っていたがなかなか見る気分にはなれなかったが、今回おもひでぽろぽろ視聴。

 

いやーーー、おもしろい。

 

おもしろかったなぁ。

 

自分が批判の文章をあまり書いてないおかげで安売りのように聞こえるがジッサイ面白かった。

 

昔に見たことがあったけどほとんど忘れていたのでほぼ初視聴。

 

27になる女性が田舎に農業体験に行き、それを通して小5の時の自分をふと思い出すという作品。いや、小5のときにそういう体験をしていたわけじゃないんですけどね、なんかぽろぽろしてくるんです。

 

小さい頃の痛みも伴うような印象的な体験が次々思い出される様子は普遍的なものがあるのではないでしょうか。

 

時代設定は1966−1982(現在が1982で1966の時の出来事がぽろぽろしてきます)と、自分は全く知らない時代で、古めかしい話題がたくさん出てくるのですが、ノスタルジー感といいますか、それは誰しもがこの映画で感じれるのではないか、と感じます。

 

小さい頃の淡い恋、人を傷つけていたのではないかという悩み、また、親から受けた痛み、何気ない会話、忘れたくても忘れられないことはたくさんありますよね。

 

そんなことを思い出し、人はまた一つ成長するのですね。そういう映画です。

 

実はこの原作の漫画、映画のような作りにはなっていません。幼少期パートのみで、小さい頃の幼気な日常が淡々と描かれているのみです。

 

高畑勲はそこに27というアニメにするには非常に半端な(しつれいですけどね)年の女性にスポットを当て、その成長物語としています。

 

そうすることにより映画として、芸術作品として、成り立っているわけです。

 

そういう意味でも、他の意味でも、やはり高畑勲にしかできない映画ですね。

 

高畑勲の描く“人の生活”の面白さはやっぱりすごい。大したドラマがなく、淡々としていても映画になるんです。傑作になるんです。実写でもいいのではないかと思う方も多い気がします。宮崎駿のような冒険活劇をしていませんからね。でも、アニメじゃないといけないんです。

 

アニメとして実写に近づけ、それを極めるとその映像は実写では流して見てしまいそうなところでも、じっと見てしまったりします。アニメとしてメリハリのある映像づくりがなされることで日々、気づけなかったことに気づけたりするのです。

 

金ローではCMが入ってしまうのでこのような単調な作品は向かないですね。一気に見るべきだ。ぎゅっと凝縮された日常の日々を描く映像は見てて飽きないものですよ。