新しいチーズ〜マキシマリストへの道〜

新しいチーズは皆さんと一緒につくる集いの場所です! そのチーズは、まだまっきっきです(きれいですよ。ちゃんと磨いています。)。皆で面白いこと、為になること、感動すること、そしてわたしの貯金通帳が潤いそうなこといっぱいいっぱい、そのチーズに入れていきましょう!

新しいチーズは皆さんと一緒につくる集いの場所です! そのチーズは、まだまっきっきです(きれいですよ。ちゃんと磨いています。)。皆で面白いこと、為になること、感動すること、そしてわたしの貯金通帳が潤いそうなこといっぱいいっぱい、そのチーズに入れていきましょう!

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち 」視聴


f:id:sirobutaihei:20180728195416j:image

この映画は高校生のとき、演劇部で先生に演技に役立つから見ろ、と言われたのに見なかった映画ですね(ずっとゴジラとかみてた)

 

いやーすごかったです。

すばらしかった。

 

 

いやーほんとにすごかったんだ!

 

 

ドカーンと一発腹パンされた感じですね。感動しました。心が揺り動かされました。 

 

高校生のとき、見ときゃよかったかなー。はい。

 

何気ない気持ちで見ましたがこの映画は自分の映画ランキングの堂々1位を塗り替えましたね。

 

それくらい、きました。

 

おはなしはというと、主人公、ウィル・ハンティングくんは生まれ、育ちがあまり恵まれない感じでハーバード大の床ふき掃除の仕事をしてるんですよ。

 

でも、こいつが実は天才で、廊下の黒板に書いてある何やらスゴい数式を解いてしまい、ハーバードの教授が「君は勉学をすべき人間だ!」

と、そっちの方向へ進ませようとします。
f:id:sirobutaihei:20180728200001j:image

でも、ウィル・ハンティングくん、ひねくれていて、人を信頼できず、人を馬鹿にした態度をとったり、悪さをして警察に捕まったりします。

 

それで困った教授がカウンセリングを試み、心理学のプロの先生を呼んでハンティングくんを変えようという話です。


f:id:sirobutaihei:20180728200230j:image

いろいろはしょってるところや間違っているとこもありますがざっくばらんにわかりやすく説明するとこんな感じです。

 

ウィル・ハンティングくんが自分の過去と、他人と、恋と、自分の意志と、いろいろなものと向き合い、最後は文字通り「旅立ち」をするのです。

 

そして演技が素晴らしい。

どの役者さんも自己の内に秘めたエネルギーをこれでもかと見せつけます。

 

この映画のキャラクターはみんな情熱があります。

みんながウィル・ハンティングくんのもつその才能を認めているんです。くすぶっててはいけない、それほどの才能の持ち主だと。

 

そしてみんな躍起になってウィル・ハンティングくんのために頑張るのです。特に、カウンセリングのところは本当にスゴいです。何なんだろうねこれは。それを受け、ようやく変われるウィル・ハンティングくん、ようやく人生の始まりに立てるウィル・ハンティングくん。

 

カウンセリングの先生もここでまた旅立ちができたりするのですがそれは今回は省略。

 

語りたいね。

 

こういう映画を見ると、自分もこのままでよいのか、わからなくなってきますよね。

自分の本当にやりたいことは何なのか、自分に嘘ついて生きていないか、自分と本当に分かり会える人と付き合っていけているのだろうか。

 

こんなに考えさせられるから感動するし、名作なんでしょうね。

 

また見直したときに記事書くと思いますので今回はこれで。