新しいチーズ〜マキシマリストへの道〜

新しいチーズは皆さんと一緒につくる集いの場所です! そのチーズは、まだまっきっきです(きれいですよ。ちゃんと磨いています。)。皆で面白いこと、為になること、感動すること、そしてわたしの貯金通帳が潤いそうなこといっぱいいっぱい、そのチーズに入れていきましょう!

新しいチーズは皆さんと一緒につくる集いの場所です! そのチーズは、まだまっきっきです(きれいですよ。ちゃんと磨いています。)。皆で面白いこと、為になること、感動すること、そしてわたしの貯金通帳が潤いそうなこといっぱいいっぱい、そのチーズに入れていきましょう!

映画「オーメン」視聴


f:id:sirobutaihei:20180722224633j:image

怖い映画ですね。怖い怖い映画。大ヒットして続編も作られました。

 

でも、日本人にはわかりづらい映画ですよね。これ。エクソシストしかり、西洋人の宗教観がなければ理解しがたいところがあります。


f:id:sirobutaihei:20180722225200j:image

 

最後、字幕で「知恵はここにあり/心ある者は獣の数字を教える/数字は人の数にして666なり」(第13章第18節)と、ヨハネ黙示録が深刻そうに出てきますがわっかんないですよねこんなの。

 

その内容はというと6月6日6時に産まれた自分の子が悪魔的ななにかで山犬の子に変えられたみたいでそいつがいろいろ悪さするという感じでしょうか。いや違いますね、別に子供は人間ですし、まぁそいつが悪いんですよ。そういうことです。
f:id:sirobutaihei:20180722225153j:image

もののけ姫の逆みたいなもんでしょうか、人に育てられる山犬の子。

 

あっちは「生きろ!」ですがこっちは「死ね!」って感じですが。

 

この映画、動物がいい演技していると思いました。いや、演技とは言えないですが、いい見せ方してると思いました。

 

このガキンチョの恐ろしげななにかを感じて喚くキリンやマントヒヒ、そしてガキンチョの取り巻きの山犬とか。

 

あと、最後、ネタバレになりますがガキンチョが自分の親やその他を殺しまくった果てにその葬式で大統領の養子となるような描写があります。

 

それで最後、世界も乗っ取ってやるぜ!みたいな笑顔。

 

これがなんとも恐ろしい。

 

心底怖いなあと思いました。この役者の少年の行く末が気になります。

 

では