新しいチーズ〜マキシマリストへの道〜

新しいチーズは皆さんと一緒につくる集いの場所です! そのチーズは、まだまっきっきです(きれいですよ。ちゃんと磨いています。)。皆で面白いこと、為になること、感動すること、そしてわたしの貯金通帳が潤いそうなこといっぱいいっぱい、そのチーズに入れていきましょう!

新しいチーズは皆さんと一緒につくる集いの場所です! そのチーズは、まだまっきっきです(きれいですよ。ちゃんと磨いています。)。皆で面白いこと、為になること、感動すること、そしてわたしの貯金通帳が潤いそうなこといっぱいいっぱい、そのチーズに入れていきましょう!

バレンタインデー

今週のお題「あの人へラブレター」

バレバレバレ

バーレターーイン

バレバレバレ

バーレターイン

チョコレートよりも甘い恋の味





全然時期外れのバレンタインのお話である。


一度、チョコレートをもらったことがある。

いや、何度かある。中学の時、野球部の同級生の友達が一生懸命作ってくれたのをもらったことがある(男から)。

いや、ドッキリだけどね。嬉し、悲しかったよあの時は。

そういう話ではなく、一度もらったことがある、というのが指しているそのチョコは小3の頃、もらった(?)ものだ。

今でも覚えている。小3の2月14日、クラスはなかなかのバレンタインとなる。

といっても、女の子は友チョコで盛り上がり、たまにもらえる男もいるが本命とかではなく、そこまでの盛り上がりもなかった(私は貰えないが)。

おなじ団地に住むR君はいつもたくさん貰っていた。

そのRくんのチョコをうらめしげに眺めながら、かといってなんとでもないかのようにしたり、皮肉を言ったりして一緒に帰っていた。(このころからグレ始めていたのかもしれない。)

団地に入ると、私はいつものように郵便受けを確認した。夕刊を持って帰るのは私の仕事だった。

すると、そこには一つの袋がみ。

思うのは一つ。本命チョコレートだ。

そそくさと取り出し、R君に見せ、自分も貰えるのだと、言いつけてやるのだ。(それまではそんなこと言ってなかったのにね)

しかし、そのチョコ。2つほどチョコキャンディが入っている他、なにもない。

宛先も秘密の手紙もない。

袋にただ2つのチョコキャンディが入っている、ただそれだけである。








あのチョコは何だったのだろう。

すこぶる内気な子からの愛しい思いだったのか?

近所のオバサン(おばさんは優しい表現だが、ふつうオバサンはトゲトゲしている)がかわいそうであると、優しさで入れてくれたのか?

はたまた実は昔に見た夢でいつの日にか私の中で事実に変換されていたのか?



なんにせよ、私はその身元不詳の市民カードのないチョコをすぐさまたいらげたのは覚えている。




何だったたのだろう。あれは。だれかおしえてもらいたい。