新しいチーズ〜マキシマリストへの道〜

新しいチーズは皆さんと一緒につくる集いの場所です! そのチーズは、まだまっきっきです(きれいですよ。ちゃんと磨いています。)。皆で面白いこと、為になること、感動すること、そしてわたしの貯金通帳が潤いそうなこといっぱいいっぱい、そのチーズに入れていきましょう!

新しいチーズは皆さんと一緒につくる集いの場所です! そのチーズは、まだまっきっきです(きれいですよ。ちゃんと磨いています。)。皆で面白いこと、為になること、感動すること、そしてわたしの貯金通帳が潤いそうなこといっぱいいっぱい、そのチーズに入れていきましょう!

ドイツ語

大学にて第三言語のドイツ語を学んでいる。コレがなかなか難しい。ヒーヒー英語で言っていたのがうそのようである。

 

まず一つに動詞の変換がわからん。

 

ドイツ語では人称によって動詞が変化する。英語でも三単現のsなるものはあったがドイツ語では一人称、二人称、三人称で変化し、そしてそのそれぞれに複数形の変化形があり、全部で六つの形がある。

 

それから冠詞というのもなかなかやっかい。

名詞の前に冠詞なるものをつけるのだがこれもその名詞の格(その文章での役割)によって変化する…のに加えて名詞がそれぞれ持つ文法上の性別(対して決まりはなくこの名詞は男性だ、女性だ、中性だと決められている)によりそれぞれ違う形となる。

 

その他にも厄介な点は様々。

 

英語は素晴らしい言語であると痛感させられたのだった。

 

(ドイツのいやらしいお店に行けるまでの道のりは長そうだ)