新しいチーズ〜マキシマリストへの道〜

新しいチーズは皆さんと一緒につくる集いの場所です! そのチーズは、まだまっきっきです(きれいですよ。ちゃんと磨いています。)。皆で面白いこと、為になること、感動すること、そしてわたしの貯金通帳が潤いそうなこといっぱいいっぱい、そのチーズに入れていきましょう!

新しいチーズは皆さんと一緒につくる集いの場所です! そのチーズは、まだまっきっきです(きれいですよ。ちゃんと磨いています。)。皆で面白いこと、為になること、感動すること、そしてわたしの貯金通帳が潤いそうなこといっぱいいっぱい、そのチーズに入れていきましょう!

北大、感想

私はこの4月から北海道大学にめでたく入学いたしまして、いまでは二週間足らずが過ぎまして、だいたい周りのみんなも落ち着いてきた雰囲気です。ここで北海道大学に通ってわかったことについていくつか書いてみたいと思います。

まず一つ、北海道大学は広いです。国内の大学で最大のキャンパスは伊達ではなく、広いです。入る前はそれを肯定的にとらえていました。
「ぼくは日本一広いガッコに通うのか!」
しかし、入ってみたあとの感想は授業自体は一年目はみんな同じ校舎でやるので人口密度は高いし、大学の隣に住んでいるので通学も速く行けると思っていたのですが、歩いていくとなんと十五分もかかるのです。
キャンパスの広さはもはやいまではデメリットです。(もっと狭い大学に通えば変わるのかもしれませんがね)

それから北大、忙しいです。特に私は総合入試で入ったので勉強に力を入れなければいけないので日々の授業が忙しいのと、一年のうちはイベント等もたくさん開催されるので(参加すれば、ですが)それもいそがしいです。これに部活動も足したら本当に大変で空きコマに勉強する必要ができてしまいます。

最後に北大生、みんなやさしい。
表面的に優しくしてたり、本性を顕にしていない人もいるかと思いますがみなさん初対面の時は優しいです。過半数が道外からの人間で占める北海道大学、これからもいろんな人と触れ合えるよう頑張ります。